TOP/保育士になるには/保育士採用面接で聞かれる「きっかけ」にうまく応えるには?

保育士採用面接で聞かれる「きっかけ」にうまく応えるには?

保育士になったきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか?採用面接の際にも保育士を目指したきっかけを聞かれるケースは多く、自分なりの答えを持っておく必要があります。ここでは、色々な人のきっかけとなったエピソードや面接時にきっかけを聞かれた際に自信を持って答えられる志望動機の具体例も紹介していきます。

みんなが保育士になったきっかけ

子どもが大好き

私は子どもが大好きなので、保育士として働いてみたいと思うようになりました。また、学生の頃に保育の仕事に携わる機会があり、自分にとって保育の仕事はとても楽しいということを実感。保育士になることを決めました。保育士は子どもたちの成長を見守り、共に楽しみ、そして自分自身も成長することのできる素晴らしい職業です。

子ども達と関わるボランティア活動

子どもが好きなので、子ども達と関わるボランティアに参加していました。今保育士ではない仕事をしていますが、子ども達と関わる仕事がしたい思いが強まってきました。したがって、保育士資格を取得するために保育士試験を受験し、転職しようと思っています。

母のような保育士を目指したい

私の母は保育士で、子どもの頃から母が保育士として子どもたちに接する姿を見ていました。保育士である母の影響を受け、私も保育士の仕事をしたいと思うようになり、保育士として働くことを決断。母はいつも笑顔で思いやりをもって子ども達に関わっていました。今後は保育士としての経験を積み、母のような思いやりのある保育士を目指したいです。

職業体験での素敵な保育士との出会い

私が高校生の時、職業体験で保育園に行くことに。そこで、笑顔の子どもたちに囲まれながら、明るく楽しそうに働いている保育士さんとの出会いがありました。その姿が本当に素晴らしく、私もその方のような保育士になりたいと思い、保育士を目指すことにしました。

保育園の先生に憧れて

子どもの頃に通っていた保育園の先生が、明るく素敵な人で、私にとって憧れの存在でした。先生の影響もあり、保育士になることは私の子どもの頃からの夢でした。子どもの時から小さな子ども達のお世話をすることが好きでしたので、今現在保育士として働くことができてうれしいです。

いろいろな人の「保育士になろうと思ったきっかけ」からわかること

「子どもが好き」という気持ちがきっかけで、保育士になろうと思った人が多いようです。保育士は子どもと関わるお仕事なので、子どもが好きな人が多いのもうなずけますね。

また、保育士である自分の母親、通っていた保育園の先生、職場体験で出会った保育士など、子どもの頃や学生時代に憧れていた人、素敵だと思った人の影響を受けて保育士になった人も数多く存在します。

面接でアピールできる「きっかけ」とは?

「子どもが好き」という理由で保育士を目指す人が多いことから分かるように、「子どもが好き」という理由だけでは他の保育士と差をつけることができません。そこで、もう一歩踏み込み、面接官に印象づけられる「保育士になったきっかけ」の具体例を紹介します。就活・転職活動中の保育士の方はぜひ参考にしてみてください。

子どもの頃の自分の経験を混ぜ込む

志望動機を考える際、「子どもが好き」という理由だけではなく、自分の経験を混ぜ込んでみましょう。

例えば、自分が子どもの時に保育士さんにしてもらったこと、保育園が楽しかったといった経験を志望動機に盛り込むと良いです。そうすることで、他の保育士とは違った志望動機となり、面接官の記憶にも残りやすくなります。

具体例

学んでいくうちに好きになった点をアピール

学生時代に学んだこと、保育士試験の勉強中に学習したこと、また子育てをする中で学び得たことを志望動機に盛り込むと良いです。それから、保育士という職業がさらに好きになったポイントやこの仕事が好きだと実感した場面も志望動機に混ぜ込みましょう。

具体例

その保育園独自の魅力を志望動機に混ぜ込む

就職を希望する保育園を選んだ理由についても、志望動機に含めると良いです。たくさんある保育園の中で、どうしてその保育園に決めたのかは、保育園側も知りたいと思っていることでしょう。

保育園見学に行った際に知り得たその保育園独自の活動内容について、どのように魅力的に感じたか、具体的な内容を志望動機に盛り込みましょう。

具体例

特技がある方は具体的な実務に向いているというアピールもあり

特技がある人は、その特技を活かしどのようなことができるかを伝え、アピールしましょう。例えば、ピアノが得意、絵が得意、クレーム処理が得意、保護者とのコミュニケーションが得意など、自分の得意なことを伝え、その特技がどのように保育園運営に役立つかを具体的に説明すると良いでしょう。

具体例

自分なりに組み合わせるとなお◎

志望動機のアピールポイントを、自分なりに組み合わせるとなお良いです。面接官の印象に強く残るよう、自分を他の保育士と差別化しつつ、この保育園をどうして選んだのか、その理由について述べられると良いでしょう。

保育士として働けるなら他の園でも構わないと思われないように、希望する保育園でなければならない理由を伝えることができれば、より素晴らしいです。

具体例

面接で話す「保育士になろうと思ったきっかけ」は事実で良い

「ありきたりな理由しかない」と思っていても、掘り下げてじっくり考えてみると、必ずあなただけのきっかけがあるはずです!

なぜ子どもが好きなのか、なぜ保育士の仕事に惹かれたのか、正直な理由を保育園側のメリットにむずびつけて、素晴らしい自己PRを考えてくださいね。

自分がどうして保育士になりたいのかを掘り下げておくと、思いがけず突っ込まれた際にも自分なりの話をすることができ、面接官に「よく考えている」印象を与えることができます。