TOP/転職の理由から探す保育士のベストな働き方/福利厚生が充実している会社がいい

福利厚生が充実している会社がいい

保育士が働く環境の福利厚生と、それが充実している職場への転職について考察しています。

保育士における福利厚生の重要性

働きやすさは、給与だけでは決まりません。福利厚生が充実していることで、仕事が続けやすくなります。

とくに保育士の基本給は、どこの保育園でもそこまで差がありません。給与がすごく高いというところは、正直なかなかないでしょう。そうなると、差を生み出すのは福利厚生になってくるのです。

逆に、基本給に目が眩んで、福利厚生をまったく見落としていて、結局得していなかったということもあり得ますので、注意しましょう。

福利厚生の基本

福利厚生とは会社側が従業員に給与以外に追加で支払う報酬やサービスのことをいいます。福利厚生が充実しているとその会社に勤務しているだけで従業員にはお得なことがあるため、会社側は従業員確保のために、従業員側はモチベーション向上につながります。お互いにwin-winな関係を築くために必要なものですね。

一言で「福利厚生」と表現されていますが、実は「法定福利」と「法定外福利」に分けられています。前者は法律によって決められているもの。後者は会社によって様々な特徴があるもの。どちらも皆様が働くにあたって大切なものになってきますのでしっかりと確認していきましょう。

法定福利とは

法定福利とは法律によって決められており、会社側に義務付けられています。健康保険や厚生年金基金、雇用保険、介護保険、労災保険などがそれにあたるもの。従業員が安心して働けるような環境を整えるための健康管理・安全管理にかかる費用を会社側が半分程度出してくれています。

給与明細を見て「総支給額」と「手取り金額」が異なっていることにお気づきですよね?自営業やフリーランスであるとこの差額の倍近くを支払わなくてはいけないので、従業員として勤務して会社側が半分負担してくれているだけでもとてもありがたいと感じるかもしれません。

健康保険

対象は加入者のけがや病気、死亡、出産です。国や自治体が治療費やその一部を負担します。それにより従業員の自己負担の軽減へとつながります。

「医療保険」とも呼ばれており、正社員は全員加入、労働条件によってパートやアルバイトも加入しなくてはならないことも。従業員が加入していればその家族も加入することができます。会社の名前の入った健康保険証が配布。保険料は会社側5割・従業員5割です。

厚生年金基金

対象は会社勤めをしている人全員。老後に受けとることのできる年金やケガや病気時に受け取ることのできる障がい年金、加入者死亡時に遺族に支払われる遺族年金などのために積み立てられるお金です。

積み立てられた金額に応じて受けとれる金額が変わります。パートや自営業、フリーランス、無職の方の場合は「国民年金」の対象。会社員が会社をやめ、次の正社員での就職先が決まっていない場合は国民年金の加入が必要となります。保険料は会社側5割・従業員5割です。

介護保険

介護保険を利用する方を支えるための制度です。加齢が原因で介護サービスを利用する際に費用の一部が介護保険給付金として支払われます。国や自治体がその一部を負担します。それにより自己負担の軽減へとつながります。40歳から自動的に加入となり健康保険にプラスしてお給料や年金から天引きされます。40~65歳と65歳以上で受けられるサービスの条件が異なります。また、サービスの内容によっては自己負担も生じるため注意が必要です。保険料は会社側5割・従業員5割です。

雇用保険

別名「失業保険」と呼ばれ、万が一の失業の際に一定期間給付金を受け取ることができます。受け取り始める期間は条件により異なります。また。産前産後休暇や育児休暇、介護休業の給付をするほかにもトライアル雇用奨励金やキャリアアップ助成金のもこの雇用保険から。条件を満たしている場合は対象者全員加入となります。従業員の雇用促進や安定のため雇用・被雇用両方のために作られました。保険料は事業別で割合が設定されています。

労災保険

通勤中や業務中の事故や災害によっておきたケガや病気、死亡などに対して保障を行う制度です。従業員を雇用して入れば会社側は加入義務が生じます。雇用形態に関係なく、会社に勤務するすべての職員をすべて加入させる決まりがあります。例えば日雇いで1日だけ仕事をした際にケガをしてもこの保険の対象です。職務中の安全を確保することが目的であるため保険料は会社側が全額負担します。

法定外福利

法定外福利とは法定福利で定められたもの以外で会社側が各々に定めた福利厚生のことです。住宅手当や通勤手当、特別休暇、退職金制度、制服貸与、昼食代の軽減など様々な種類で準備されています。会社によって受けられる報酬やサービスが違うためこの部分を重視して就職活動をしている方も多いのではないでしょうか?

自分に必要な法定外福利があることはもちろん、他にもたくさん整備されていてうまく活用できれば働きやすく、そして勤続しやすい会社になるかもしれません。それは会社を選ぶ側の従業員にとって大きな魅力のひとつとなりますね。

保育園の福利厚生とは

福利厚生とは有給や産休の取得など制度に準ずるもの、資格や頑張りに応じて上乗せされるもの、制服貸与や優待利用など、毎月支給される給料プラスαになるものの総称です。園の方針によってさまざまなものがあります。

世間的に「給料が安い」と言われている保育士さん。やる気のある保育士さんたちが仕事から離れていってしまわないよう、近年では手厚い福利厚生で頑張る保育士さんのモチベーションを上げてくれる保育園が増えてくるでしょう。

退職金制度

定年退職や任意退職の際に園から労働者に対して規定の金額が支払われる制度です。退職金に関する規定は園によって決められていることがほとんど。一般的に勤務期間が長ければ長いほど多く支給されます。

有給取得

毎日勤務する中で体調不良による欠勤、都合によりどうしても休まなくてはならない場面はたくさんあります。欠勤してしまうと予想以上に高額な給料が差し引かれてしまうことも。そんなときでも欠勤扱いにならないための制度が有給取得制度。有休をうまく利用することで満額のお給料が支給されることになります。

各種手当

制度や優待利用以外でお金として支給される「手当」。手当にはさまざまな種類があり、どの手当が支給されるかは園によって異なります。毎月のお給料の金額に大きな差が出ることもあるため、要チェックポイントです。

通勤・交通費

通勤にかかる定期代やガソリン代を園が支給されます。園によって全額支給であったり上限金額(2~5万円程度)が決まっていたりと基準が異なることも。公共交通機関の定期代は満額出ることがほとんどですが、ガソリン代の場合は園により算出方法に違いがあります。

住宅・引っ越し手当

住宅手当は賃貸住宅の費用を一部負担してくれる手当。園によって賃料の半額のところもあれば上限を設けてその金額までと支給するなど、手当の算出方法は異なります。

引っ越し手当は就職のために引っ越しをする方が支給対象。園によって上限を10~30万円に設定されていることがほとんどです。

資格手当

取得している資格や就いている役職に応じて通常のお給料にプラスで支給されます。正社員だけでなくパートでも時給に100円前後の差が出ることも。無資格のスタッフの場合は月収も20万円以下となることも少なくありません。

役職手当

必要な資格・経験、役職名などを持つ保育士に出る手当です。役職の責任が上がるにつれて金額も大きくなることも。園によって金額と支給基準は異なりますが、主任保育士(約3~5万円)、副主任(~約4万円)、専門リーダー(~約5,000円)などの手当がつきます。

独自の福利厚生を導入している保育園もある!

ユニークな福利厚生で安定した従業員確保をしている保育園が最近増えてきています。「福利厚生の充実した会社」=「入職希望者が増える」+「従業員が働きやすい」の方程式はやはり顕在であるということですね。いまはこんな福利厚生を打ち出している会社があります。

有給前借り

入職から有休が発生するまでの6か月間の間で規定の日数前借りができる制度

有給買取り制度

消化しきれなかった有給を規定の金額で買い取りする制度

人間ドック補助

がん検診やの人間ドックの受診料の補助をする制度

海外保育園視察

能力の高い保育士が海外の保育園を視察できる制度

親睦費用補助制度

従業員間の親睦を深めるための食事会の補助がでる制度

日用品や宿泊施設・大型テーマパークの優待サービス

日用品や宿泊、テーマパークの入場料などが優待される制度。ユニークな福利厚生を打ち出す会社はトップの考えが柔軟で楽しく仕事ができそうな印象を持つことができますね。

福利厚生の対象者は?

福利厚生を受けられる対象者は法律では決められておらず、会社側によって決められている場合がほとんどです。正社員・非正社員・パート・派遣など様々な雇用形態があり、それに対して各会社で各福利厚生の対象者を内部規定に準じて対応します。

(派遣の場合は勤務先ではなく派遣会社の福利厚生の対象となります。)

社会保険に関しては以下の通り加入条件があります。

法定外福利は「正社員のみ」「パート以外」など条件のある会社が多く、後で知って驚いたという話もよく聞きます。まずは面接の際にしっかりと確認をしておくことをおすすめします。

福利厚生が手厚い保育園とは

健康保険・厚生年金・雇用保険・労災保険は正社員であれば用意されていることが多いと思います。しかし差がつくのが、退職金制度や有給取得率、住宅補助など。これらがあるのとないのでは大きな違いです! 公立保育園では、退職金制度がしっかりしています。民間でも、株式会社の大手などでは退職金制度が充実していて、額も十分。毎月の出費の中でも家賃は大きな割合を占めると思いますが、住宅補助があればそれが大きく軽減されます。働きやすさを考えるなら、福利厚生についてチェックすることは大切です。

例えば株式会社にはどのような福利厚生があるのか、東京・神奈川・兵庫で約20の保育園を展開するキッズパートナー(ケアパートナー株式会社)の代表や保育士さんたちに話を聞いてみました。

有給や産休・育休については別のページで詳しく紹介していますので、そちらもご覧ください。有給についてはこちら産休・育休についてはこちら。

ケアパートナー白井代表より

白井代表

福利厚生には自信があります!

やはり親会社が一部上場の大東建託ということもあり、福利厚生は充実していると言い切れると思います。

レジャーや育児・介護、エンターテイメント、飲食などで割引が利用できる「福利厚生倶楽部」へ加入できます。人気があるのは上限8万2000円の社宅借り上げ制度、年2回までの旅行代キャッシュバック、美術館の割引ですね。

キッズパートナー弘明寺園・萌美先生
キッズパートナー
弘明寺園
萌美先生

萌美先生より一言

つい先日、森美術館に割引で行きました。旅行に行くと6000円戻って来る制度なんかも使ってみたいんですが、まだ旅行に行く機会がなくて。社宅借り上げ制度は、今は実家なので使ってないですが、いずれ一人暮らししたいと思っているので、そのときには使いたいです!

福利厚生が多いのは嬉しいのですが、多すぎて何があるか覚えられないのが逆に悩みです。一覧で見られたり、申請するための専用のホームページやアプリがあると最高なんですが(笑)。

キッズパートナー大倉山園・美咲先生
キッズパートナー
大倉山園
美咲先生

美咲先生より一言

社宅借り上げ制度を使ってます。私が入社した3年前はなかったんですが、2年ほど前から始まって、その瞬間にもう飛びつきましたね(笑)。

一緒に住んでいるのも他の保育園で働いている保育士なんですが、そこは借り上げ制度ではないらしく、「いいなあ」って言われます。

「保育の現場」編集部
メッセージ

「保育の現場」編集部

さすが大企業という感じの福利厚生の充実度。実際もらっているお給料以上の付加価値がありますね。

制度が整っていても、一般社員にその存在を知られていない福利厚生では意味がありませんが、取材した保育士さんたちは「使ったことあります」「使ってます」「いつか使いたい」という返事ばかりで、しっかり浸透しているようでした。

園長先生は「借り上げ制度は申請が大変なのよねえ(笑)」なんておっしゃっていたので(笑)、みなさん存分に活用できているみたいですね。

キッズパートナーの
公式サイトを見る

[ad]

花嫁が満足する結婚指輪のブランドが見つかる - 結婚指輪のすべて 全国の結婚指輪ブランド・ショップあつめまし - Weddiii 事業承継とは何か、事業継承との違いも教えます - M&Aマガジン 目の下のたるみ研究室 - 監修「セオリークリニック」