TOP/転職の理由から探す保育士のベストな働き方/保育士は持ち帰りの仕事が多い?

保育士は持ち帰りの仕事が多い?

持ち帰りの仕事が多く、苦しいと感じている保育士さんはたくさんいるでしょう。保育士の仕事量はとても多く、勤務時間内に終わらせることができず残業。家にまで持ち帰ることがあるようです。また、一部の保育園において、定時後の仕事はサービス残業になるとか。当然、残業代は出ないことも少なく厳しいこと面もあるようです。

ここでは、保育士さんたちが実際にどのような仕事を持ち帰っているのかを解説。また、持ち帰りの仕事が発生してしまう具体的な理由や、仕事を持ち帰らないための方法などもあわせてお伝えします。

今現在、持ち帰りの仕事でつらい思いをしている保育士さんは当記事を読むことで、今の苦しい状況から抜け出せるヒントを得られますよ。ぜひ最後まで読んで、参考にしてくださいね!

持ち帰り仕事は多くの保育士さんの悩み

保育士の悩みのひとつといえば、持ち帰りの仕事が多いこと。

日中は保育の仕事で子ども達と遊んだり、走り回ったりと、体力を使います。大きな保育園だと給食を食べる準備や配膳の際に、多くの食器、おかずなど重たいものを運ぶこともあるでしょう。また子ども達の人数が多いなら、イスを出したり片づけたりするのも一苦労です。

子どもがケガや事故などが起きないように、一日中子どもたちをしっかりと見守ることも大切な仕事。万が一、園内で事故が起これば責任を問われることになりますので、保育士の仕事はとても神経も使うお仕事です。

さらに、保育士の仕事といえば人間関係。上下関係が厳しく、先輩保育士との関係に日々気をつかわなければいけない保育士も多いでしょう。園長先生が難しい人なら、園長先生に接する度に、緊張するかもしれません。また、クレーマーやモンスターペアレンツのような保護者がいれば、精神的に疲れてしまうことも考えられます。

心身ともにクタクタになって疲れている状態にも関わらず、持ち帰りの仕事をしなくてはならない状況。仕事終わりの平日、そして週末の時間を持ち帰りの仕事に費やさなければならず、また持ち帰りの仕事に対する残業代が出ないという負のサイクルに陥ります。

このように仕事の量が多く、プライベートな時間の確保や休みを取ることができないことが原因で、保育士の仕事を辞めてしまう人もたくさんいます。

保育士はどのような仕事を持ち帰っているのか

ところで、保育士さんたちは日々どのような仕事を持ち帰っているのでしょうか?保育士さんたちの持ち帰りの仕事をいくつかご紹介します。

指導計画の作成

保育士さんたちは、指導計画というものを作らなくてはなりません。保育士さんの中では、年間計画や月案など、指導計画の作成が苦手な方が多いのが現実。

ほかにも新人の保育士さんだけではなく、ベテランの保育士さんでも月案や年間指導計画を作成するのに、時間がかかってしまうこともあります。指導計画を作成の際には、指導計画の書き方が詳しく書かれている本を参考にしながら作成しているケースも。

指導計画を手書きで作成しなければいけない保育園もあり、時間がかかります。また、年間計画や月案だけではなく、連絡帳への記入、保育日誌、個人記録、おたより、健康記録など作成しなければならないものが盛りだくさんです。

日中の勤務時間内で終わらない場合は、残業して書類作成。それでも終わらなければ、持ち帰りの仕事になってしまいます。

壁面の飾りや行事に必要な小物などの製作

保育室の壁面装飾や行事で使う小物の製作なども、持ち帰りの仕事になりやすいポイント。

保育園の壁面には、画用紙や折り紙などで季節を感じさせるよう装飾や可愛らしい装飾がされていますが、そういった壁面飾りは保育士の手作り。毎月変える必要があり、その度に作り直さなければなりません。

ほかにも行事に使う小物や衣装なども、基本的に保育士の手作り。クラスにたくさんの園児がいる場合、その人数分を制作しなければなりません。また行事前は行事の内容についての打ち合わせや準備のために残業しなければならず、行事がある時期は特に持ち帰りの仕事が多いと言えるでしょう。

園内では上下関係があったり意地悪な先輩と一緒に担任を持つことになったりすると、壁面の飾りや行事に使用する小物の制作などを押し付けられてしまうこともあるようです。

ピアノの練習

ピアノの練習を持ち帰りの仕事でやっている保育士さんもいます。

日中の仕事の空いた時間や保育時間の終了後は、書類の作成などに追われることが多いよう。したがって、ピアノを練習する時間を勤務中に確保するのは、難しいでしょう。

とくに保育士一年目の方やピアノが苦手な方は、ピアノの練習に時間がかかってしまうことがありますので、どうしても持ち帰りの仕事になってしまうところです。

また、卒園式などでピアノを担当することになると、式の間中ピアノを弾き続けなければならない場合も。その場合はたくさんの曲を弾かなければならず、家で練習しなければなりません。